2009年03月27日

ジンバブエ民族舞踊研究会〜管理人の私物公開2〜

zimbabwe3.jpg
お待たせしました。前回の100000000000ジンバブエドル、
10000000000000ジンバブエドルの画像に続き、
今回は100000000000000ジンバブエドルの画像です。
ワンハンドレッドトリリオンと書いてあるので、
ビリオンと同様に誰でも分かりますね。
管理人が記念に保有している私物です^^
100000000000000ジンバブエドルなので、0が14個となります。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 21:33 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

WBCの参加国が16ヶ国というのは少なすぎです

さて、今回のWBCに参加した国は16ヶ国です。
予選が世界中であったわけでもありません。
この2行を書けば分かると思いますが、
野球リーグは世界の至るところに存在すると言っているわけです。
例えば、日本、韓国、中国、台湾、タイ、フィリピン、
イスラエル、イラン、英国、フランス、スペイン、
ベルギー、イタリア、オランダ、オーストリア、
チェコ、ドイツ、スイス、ウクライナ、クロアチア、
ロシア、スウェーデン、フィンランド、ギリシャ、
アメリカ、カナダ、メキシコ、ドミニカ共和国、
プエルトリコ、キューバ、パナマ、ニカラグア、
オランダ領アルバ、コロンビア、ベネズエラ、
オーストラリア、グアム、パラオ、ガーナ、
南アフリカ共和国等で本格的に行なわれていますね。
その他、パキスタン、香港、グアテマラ、バハマ、ブラジル、
エクアドル、アルゼンチン、ジャマイカ、米領バージン諸島、
キュラソー島、ポーランド、グルジア、ベラルーシ、リトアニア、
トルコ、アイルランド、スロバキア、ノルウェー、
スロベニア、サンマリノでも野球は出来ます。
2013年は参加国を増やすように努力して下さい。
ロシア、フランス、英国が出ていないのは論外です。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 06:54 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

日本が韓国に競り勝ち2大会連続の優勝〜ワールドベースボールクラシック〜

日本が韓国に5-3で競り勝ち優勝。
大会MVPは前回に引き続き松坂大輔です。
国際大会や大舞台での脆さを完全に払拭しました。
今大会の日本は9回試合を行ない、韓国と5回対戦していますが、
16ヶ国中4ヶ国に勝利しただけで優勝出来るシステムは、
変更すべきです。前回も5勝3敗の日本が優勝し、
6勝1敗の韓国がベスト4になるなどしているので、
敗者復活戦は真の王者を決める際には必要がない事が分かります。
16ヶ国加盟しているのであれば、まず全チームで総当たりを行ない、
上位8ヶ国で決勝トーナメントを行なうなど、
不満が出ないやり方がいくらでもあり、
敗者復活戦をどうしても行いたいのであれば、
日本人にもお馴染みのページシステムという方式もあります。
そもそも参加国数が少なすぎます。
さて本日の試合です。試合は日本が終始優勢だったものの、
2桁をはるかに超えるヒットを生かせない決定力不足がありました。
また、9回裏に藤川ではなくダルビッシュを投入した事で、
同点に追いつかれるなど、ベンチの不可解な采配もありました。
ただ、10回表に今大会内野ゴロばかりを打っていて、
試合前まで38打数8安打、打率.211だったイチローが、
2アウトから2点タイムリーを放った事で、
ベンチのミスを全て帳消しにしたので良しとしましょう。
イチローは日本時代に日本シリーズに2回出場し、
オリックスが日本一になった1996年には、
打率.176ながら放った3安打が全て2点タイムリーのMVPニールに、
無駄打ちは控えた方が良いよと力の差を見せ付けられた現実があり、
今大会のイチローは当時よりも進歩したと判断出来ます。
ワールドシリーズ制覇どころか、進出もリーグ優勝も1回も無く、
リーグ優勝決定戦進出が最高のマリナーズの上位進出は、
WBC決勝での活躍で息を吹き返したイチローの双肩にかかっています。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 04:46 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

WBC〜ワールドベースボールクラシック決勝〜

先程、WBCの日本対アメリカの準決勝が終わり、
日本が2大会連続の決勝進出を決めました。
もう1つの準決勝でベネズエラに大勝した韓国と、
決勝で今大会5度目の対決をします。
韓国はWBCでは初めての決勝進出となりますが、
北京五輪で優勝した強敵です。
あの時は金メダルが韓国、銀メダルがキューバ、
銅メダルがアメリカ合衆国でしたね。
日本はアメリカに4-8で敗れています。
今回の大会は銅メダルが無いので、
アメリカとベネズエラは手ぶらで帰国という結果となりました。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 12:36 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョージア民族舞踊研究会へ表記の変更

さて、グルジアがロシアを嫌っているのは有名な話ですが、
2009年3月に現在のロシア語表記であるグルジアから、
英語表記であるジョージアに変更して欲しいという要望が、
グルジア政府より日本に出されました。
というわけなので、このブログでもジョージアにします。
以前、缶コーヒーのジョージアと国名のジョージアについて、
語源は一緒で途中から無関係になったと書いており、
このブログの読者は混乱しないと思います。
国名表記変更の背景には、
2008年のグルジア紛争による反露感情の高まりがありますね。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 05:14 | Comment(1) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索