2009年11月05日

松井秀が日本人初、アジア人初のワールドシリーズMVP

ヤンキース対フィリーズのワールドシリーズは、
ヤンキースが4勝2敗で制しました。
今回の松井秀の活躍は凄かったですね。
特にシリーズ4勝目を決める3安打6打点の活躍には脱帽です。
流石ワールドシリーズで初めて本塁打を打った日本人なだけはあります。
日本人初ヒットは新庄だという事も管理人は知っています。
更に言うと日本人メジャーリーガーのレギュラーシーズン初本塁打は、
投手の野茂だという事も知っています。
アジア人メジャーリーガーは日本、韓国、台湾はもちろん、
インドネシアやベトナム等からも輩出されていますが、
ワールドシリーズMVPは初めての快挙です。
日本シリーズMVPとワールドシリーズMVPの両方を受賞しているのは、
松井秀ただ1人です。
同僚のジーターは5回目のワールドシリーズ制覇、
アレックス・ロドリゲスは初めてのリーグ優勝、
ワールドシリーズ出場、ワールドシリーズ制覇となります。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 23:38 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索