2014年05月31日

イチローの刺殺が34試合で34になったのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
2時39分に書いてありますね。
守備位置が悪い外野手でも、1試合に1回は守備をやる計算になりました。

【守備位置が悪く、二塁打が三塁…… 2014-05-31 02:39に管理人が書きました。
管理人「補殺というのは、連携プレーでアウトにしたものであり、受け手にエラーがあっても増えます。
問題は直接打者をアウトにする刺殺ですね。
今年は秋が刺殺52、青木が刺殺94、イチローが刺殺32になっていて、
致命的なのは、イチローが33試合で刺殺32になった事です。
イチローは守備位置が悪く、そのため、二塁打が三塁打に悪化しました。
いくら外野手でも、1試合1刺殺を切るペースだと、守れていません。
また、ランナー36人を潰して4打点は技術が無く、少ないです。

【得点打点】

得点30打点18
青木
得点28打点10
イチロー
得点13打点4」

3人とも刺殺を増やし、秋が54刺殺、青木が98刺殺、イチローが34刺殺。
イチローが34試合で34刺殺になり、外野手でも、1試合に1回は守備をする事になった。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリュワーズがカブスをリードし、ジャイアンツがカージナルスをリードしているのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
単打・二塁打・三塁打を何本打っても、打者に得点は入りません。
ブラウンは「100得点100打点」が得意なため、どの打順でも打てます。

2013年3月11日に管理人が書きました。
http://folkdance.seesaa.net/article/343915006.html

2014年5月31日。ブリュワーズがブラウンの2点本塁打を皮切りに、初回に5点。
現在、ブリュワーズがカブスをリードし、ジャイアンツがカージナルスをリード。
このまま試合が終わると、ナ・リーグは中地区と西地区が理想的な展開。
ちなみに、ブラウンで分かる通り、塁打と四死球は全く価値が同じ。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタントンが得点39打点51になったのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
単打・二塁打・三塁打を何本打っても、打者に得点は入りません。
スタントンは「得点打点」を伸ばせるため、野球無知とは違いますね。
後続の打点で得点を得たら、次は打点でランナーに得点を入れましょう。

2013年6月18日に管理人が書きました。
管理人「チームは低迷しているものの、スタントンは打っています。
昨年のスタントンは打数は少ないながら、管理人のOPS改で高成績でした。

2012年スタントン→(273+51)/(449+51+1)=.6467」

2014年5月5日に管理人が書きました。
管理人「【スタントンが得点打点を伸ばした】
現在、得点22打点36。ランナー201人を潰して35打点では無い。
また、守備でも刺殺は60超であり、控え選手とは違う。」

2014年5月31日。スタントンが2点本塁打を打ち、得点39打点51。
スタントンは「100得点100打点」をやれるレベル。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島のエルドレッドを管理人のOPS改で分析

今年のエルドレッドです。
もちろん、管理人のOPS改でかなりの数値になりますね。
チーム得点が927の年でさえ、「得点打点」が200を切る5流は話にならず、
後続の打点で得点を得ていながら、チャンスの際、打点でランナーに得点を入れていません。

14年エルドレッド→(125+16)/(191+16+1)=.6778
得点32打点53
*今年の広島が強い理由は、エルドレッドがチャンスで打てているため。
管理人のOPS改を基準にすると、打点が100超になるのは間違い無し。
四死球の少なさで、「100得点100打点」は厳しい。
最終で四死球が70ほどになると、「100得点100打点」が可能。

*OPS→(安打+四死球)/(打数+四死球+犠飛)+塁打/打数
*安打→単打1、二塁打1、三塁打1、本塁打1
*塁打→単打1、二塁打2、三塁打3、本塁打4
*OPSの問題点→ゆとり教育で産まれたため、2重加算、四死球軽視
*管理人のOPS改の利点→計算が楽で新基準あり
*ランナー一塁→一塁手が一塁付近を守るため、一二塁間が広くなる
*初球と満塁時→多くの選手の打撃成績が爆発的に上がる
*OPS改→(塁打+四死球)/(打数+四死球+犠飛)
*700打数と500打数→100打数を1割増しで考える
*700打数と500打数→700打数の3割が500打数の5割

2012年10月15日に管理人が書きました。
管理人{【OPS改格付け】
*9割前後→塁打/打数が異常に高く四死球も異常に多いので逃げた方が良い。
*8割→塁打/打数が高く、四死球も多い事で「得点打点」が伸びるが、
四死球が多すぎて満足に打てず、「130得点140打点」を切るケースもある。
*7割→要注意。塁打/打数が高く、四死球が単打と同じ働きをするレベルに到達していて、
「得点打点」が伸びる。四死球が邪魔になる8割の選手より、「得点打点」が増える事例あり。
*6割後半→主力。塁打/打数が高く四死球が多い、または塁打/打数が高く四死球が補助的な役割を果たせている。
*6割台→総じて言える事は、6割の選手は四死球が少なくても問題が無いくらい打てているという事。
*5割後半→「得点と打点の和」が200になる事例がある。
*5割→塁打/打数が高いか、四死球が多いか、両方がバランス良く高いか。
塁打/打数が高く四死球が少ない、塁打/打数が低く四死球が多い、両方が中途半端という事も考えられる。
万能タイプよりも塁打/打数か四死球率が優秀なタイプの方が戦力としては良い。
*4割後半→塁打/打数が高いだけで四死球が少ない、四死球が多いだけで塁打/打数が低いなら下位を打たせるべき。
仮に塁打/打数の高さに四死球が追い付いていないのであれば、戦力になる。
*4割前半→2番か8番。打力か選球眼が欠けた選手。
*3割→「得点打点」がアンバランス。片方が80あっても片方が50程度。}

posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【守備位置が悪く、二塁打が三塁打に悪化】秋が刺殺52、青木が刺殺94、イチローが33試合で刺殺32

補殺というのは、連携プレーでアウトにしたものであり、受け手にエラーがあっても増えます。
問題は直接打者をアウトにする刺殺ですね。
今年は秋が刺殺52、青木が刺殺94、イチローが刺殺32になっていて、
致命的なのは、イチローが33試合で刺殺32になった事です。
イチローは守備位置が悪く、そのため、二塁打が三塁打に悪化しました。
いくら外野手でも、1試合1刺殺を切るペースだと、守れていません。
また、ランナー36人を潰して4打点は技術が無く、少ないです。

【得点打点】

得点30打点18
青木
得点28打点10
イチロー
得点13打点4
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索