2018年08月31日

アメリカで中国産のフェンタニルの死者が急増したのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
近年、危険ドラッグよりも危険なうえ、中国のネットで買えるヘロインの上位互換、カルフェンタニルが登場しました。
危険ドラッグは歴史が短く、お香レベルから覚醒剤レベルのものがあり、
アメリカには、ヘロインに大型動物用の鎮痛剤を混ぜ、たった2mgを致死量にする物がありますが、
薬物中毒者にカルフェンタニルを流しているのは、過去に、カルフェンタニルを医療用に使用していた凡庸です。

2016年11月27日に管理人が書きました。
管理人「今すぐ、強力な危険ドラッグの中に、危険な薬物を混ぜるのを法律で規制して下さい。
危険ドラッグは自己責任にせず、国がきちんと規制をする必要があり、
単純な話として、凡庸が完全犯罪を崩せなくなります。
ヘロイン中毒者のヘロインの中に、致死量がたった2mgの薬物を混ぜ、ヘロイン中毒者が死亡した場合、
誰がヘロイン中毒者に対し、1万倍強力なヘロインを渡したのか、凡庸は捜査しません。
それに加え、危険ドラッグで身体や骨がぼろぼろになると、死体処理がさくさく進みます。」

2018年2月3日に管理人が書きました。
管理人「ノストラダムスについて、人工衛星と勘違いをしたのが5流であり、クロコダイルの話でした。

ずっと以前にすべてがととのえられ…
(モルヒネが開発)
のちに最も不吉な時代がくる
(合成オピオイドの開発)
覆面されたままで(モルヒネの10倍のデソモルヒネで身体の内部が壊れ)
彼らだけ(ガソリン、大型動物用の鎮痛剤を混ぜた人だけ、身体の外部を)変えられ
地位を保てる者はほとんどいないだろう
(万人が身体の外部の変化に気付いた時には遅く、クロコダイル中毒者がゾンビになる)」

2018年8月31日週刊実話。アメリカで中国産のフェンタニルの死者が急増。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 23:59 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良市の国道でバイク複数台が転倒し、6人が死亡したのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
タイヤが2つのバイクは中途半端なため、事故のダメージが大きいですね。

2016年12月2日に管理人が書きました。
管理人【大型車、普通車、二輪車が同じ車線を走る時点で、免許制度が崩壊しますね。
大型車を10、普通車を6、二輪車を3で考えた場合、
二輪車だと、運転がどれだけ上手くても「3割程度の運転技術しかありません」。
二輪車のゴールド免許は3扱いと管理人は判断します。
マイクロバスの運転手なら、主眼を間違えず、最低6程度の運転技術は必要でしょう。】

2018年8月31日NHK。奈良市の国道でバイク複数台が転倒し、6人が死亡。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 08:08 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

FIFAの汚職で元南米連盟会長が禁錮9年になったのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
ただの凡人だと、2014年ブラジルW杯の12都市・12会場を知らず、ブラジルの中心地が半分以上足りないですが、
不世出の天才の管理人から、中心地ブラジル、中心地ペルー、中心地ボリビア、中心地メキシコを問われるレベルではありません。

2018年8月15日に管理人が書きました。
管理人【最終更新日は2018年7月9日であり、ただの凡庸はオリジナルが無い幼稚園児なため、
最終更新日という日本語さえ、理解をする頭が無く、
東大のテニサーが、慶應の隅田公園のマイムマイムで死人を出した話に対し、5人に勝てば優勝のテニサー程度に舐められたまま、
未だに、責任能力が無い5流は記者会見をしない程度です。
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/booklet-gazette/bulletin/550/open/B-1-1.html

実際、ルーマニア大使館で社会人サークルがデモをしたのは、ルーマニアンダンスメドレーであり、
日本の大学生には、ルーメさえ踊れる人が1人も居ないです。

管理人より後に、社会人サークル「コパチカ」がルーマニア大使館でルーメ。
https://youtu.be/595lCSRMmK0

オリジナルが無い幼稚園児だと、2014年ブラジルW杯が12都市・12会場だと知らず、ブラジルの中心地が半分以上足りなくなっていて、
不世出の天才の管理人から、中心地ブラジルを問われるレベルではありません。
旧石器時代の中心地他他他に対し、管理人は中心地中心地中心地中心地で凄いですね。

*凡人→ブラジル連邦共和国の首都ブラジリアと勘違い
*不世出の天才の管理人→同じ言い方で更に、中心地ブラジルを言える
*凡人2→ペルー共和国の首都リマと勘違い
*不世出の天才の管理人2→同じ言い方で更に、中心地ペルーを言える
*凡人3→ボリビア多民族国の憲法上の首都スクレ、政府主要機関ラパスと勘違い
*不世出の天才の管理人3→同じ言い方で更に、中心地ボリビアを言える
*凡人4→メキシコ合衆国の首都メキシコシティと勘違い
*不世出の天才の管理人4→同じ言い方で更に、中心地メキシコを言える】

2018年8月30日時事通信。FIFA汚職、元南米連盟会長に禁錮9年の判決。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 16:22 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

モスクワのアフガン和平会議が延期をされたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
いくらでも居る凡庸がシャミールをシェイフだと知らず、トルコの部族長と間違えたため、モスクワのアフガン和平会議が延期になりました。

いくらでも居るレベルの凡庸「Seyh Samil シェイフ・シャミール この踊りはトルコの踊りであり、シェイフとは、トルコの部族長のようなものである。」

実際、アゼルバイジャンの兵士がレズギンカを踊っていて、明らかに士気を高めるための踊りですね。
https://youtu.be/DLHe0GVqlF4

2017年12月30日に管理人が書きました。
管理人「凡人以外全員、ロシアの22ヶ国と旧ソ連の14ヶ国の首都を言えますが、
アルツァフ共和国の話では無く、同じ言い方で、中心地アルメニアとアルメニアの中心地を言う話ではありません。」

2018年1月14日に管理人が書きました。
管理人「まず、ロシアの22ヶ国と旧ソ連の14ヶ国の首都を言えない凡庸だと、オリジナルが無く、他人が用意をしたものすらやる前であり、
管理人が具体的に問うのは中心地アルメニアですが、ただの凡庸は、アルメニアの中心地さえ減らしているうえ、
アルツァフ共和国の首都を言えない5流だけ、常時名札ありで垂れ流していて、
オリジナルが無い5流だと、中心地アルメニアとアルメニアの中心地すら、同じ言い方で言えず、アルツァフ共和国とも間違えています。

アルツァフ共和国、ニュース無し
https://folkdance.up.seesaa.net/image/Screenshot_2017-12-21-22-03-38.png

2018年6月18日に管理人が書きました。
管理人「レズギの郷土舞踊のレズギンカは、ダゲスタン共和国出身でチェチェン共和国を含めた指導者、シャミールの踊りと合わさり、
レズギンカと銘打ちシェイフ・シャミール、シェイフ・シャミールと銘打ちレズギンカという風に、思想弾圧に郷土舞踊で対抗をしていますが、
他にも枝分かれをしていて、シェイフ・シャミールの戦いを好み、テロが残ったのがダゲスタン共和国やチェチェン共和国、
シェイフ・シャミールの思想だけを受け継ぎ、テロが無いのがアゼルバイジャンです。」

2018年7月8日に管理人が書きました。
管理人「ダゲスタンとチェチェンの指導者シャミールと、ロシア帝国の戦いはトランス・カフカスまで広く知れ渡り、
後継ぎとして、旧ソ連と戦ったのがムジャヒディンであり、ムジャヒディンが本格的な武装勢力のアルカーイダになりました。
アルカーイダは世界に自爆テロを広め、今ではイスラーム国として活動をしています。」

2018年7月16日に管理人が書きました。
管理人【自爆テロを世界に広めたのはアル・カーイダであり、アル・カーイダの基盤のムジャヒディンは、アフガンで旧ソ連を敗退させていて、
旧ソ連の常任理事国や領土等を引き継いだロシアとの戦いで有名なのが、ダゲスタンとチェチェンの指導者、シャミールですね。
凡庸がトルコの部族長と間違えたため、テニサーのマイムマイムと同様、死ななくて良い人が死亡しましたが、
lezginka単独、seyh samil単独の話では無く、lezginka=seyh samilの話が重要です。

いくらでも居るレベルの凡庸「Seyh Samil シェイフ・シャミール この踊りはトルコの踊りであり、シェイフとは、トルコの部族長のようなものである。」

人並みレベルの200に対し、36の5流大学「アジア・ヨーロッパ・北米の18カ国・地域36大学と交流があります。(2017年8月1日現在)」

人並みレベルの200に対し、75の5流大学「2018年3月現在学術連携協定を締結している海外の大学数は75大学です。」】

2018年8月16日に管理人が書きました。
管理人【シリア政府はロシアと組み、シリアで戦闘を繰り返していて、7年で35万人が死亡しましたが、
国際社会には凡庸のみしかおらず、シリア政府と反体制派が戦っていると、無関係な子供や女性が死亡しても良いとし、
戦闘で死ぬ覚悟がある戦闘員、無関係な子供や女性を同列に並べるなど、頭が悪く、
更に、侵略に対する善良な住民の反撃をテロ扱いするため、シリアが泥沼化をしました。
ロシア帝国がトルコやペルシアを圧倒した頃、ロシア帝国の侵略に対し反撃をしたのが、ダゲスタンとチェチェンの指導者シャミールであり、
近年でも、シェイフ・シャミールの影響を受け、チェチェン紛争が始まり、1度はチェチェンがロシアに勝利をしたものの、2度目のチェチェン紛争はプーチンに負けています。
なので、シェイフ・シャミールはトルコの部族長ではありません。

いくらでも居るレベルの凡庸「Seyh Samil シェイフ・シャミール この踊りはトルコの踊りであり、シェイフとは、トルコの部族長のようなものである。」

また、レズギンカ単独の話では無く、シェイフ・シャミール単独の話でも無く、日本の凡庸がコハノチカと同レベルの踊りで伝えたレズギンカの話でも無いです。】

2018年8月18日に管理人が書きました。
管理人「ロシア帝国がトルコやペルシアを圧倒した頃、ロシア帝国の侵略に対し、反撃をしたのがダゲスタンとチェチェンの指導者シャミールであり、
シェイフであるシャミールの名声は、広くトランス・カフカスに知れ渡ったものの、
暴れていただけのロシアは旧ソ連になっても変わらず、アフガンが旧ソ連に狙われた際、カフカスから旧ソ連を待ち伏せしたのがムジャヒディンですね。
カフカスでは、侵略に対する反撃をテロ扱いされようと、戦い続けるとし、士気を高めるためにシェイフ・シャミールを踊っています。」

2018年8月28日時事通信。モスクワのアフガン和平会議が延期。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 20:53 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連調査団がミャンマー軍幹部に対し、ロヒンギャ虐殺の責任を認めたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
これで、群馬に居るロヒンギャも安心ですね。
ただの凡庸だと、ミャンマー軍と武装勢力が戦闘をしていると、無関係な子供と女性が死亡しても良いとし、
戦闘で死ぬ覚悟がある戦闘員と、無関係な子供と女性を同列に並べるなど、頭が悪く、ロヒンギャ問題がおかしい事に気付いていません。

2017年11月24日に管理人が書きました。
管理人「以前管理人が観たロヒンギャのニュースは、当事者が居ない話ばかりでした。
英国と日本の代理戦争から始まり、イスラーム対仏教徒、義勇軍対軍隊という具合いに、争いの焦点が大雑把であり、
迫害をされているのは、無関係な民間人や子供でしか無く、ミャンマーで明らかに無関係な人達が巻き込まれています。
しかも、ロヒンギャも武装をしたと言いましたね?
世界の報道機関は話にならないと思います。
ようやく出たミャンマーの話が、義勇軍対軍隊の戦闘に巻き込まれ、迫害をされた民間人や子供の話とは情けない話です。
これは、当事者が居ない問題に対する意識の低さから生まれた人災です。
英国と日本の代理戦争時代から、ロヒンギャが旧ビルマに居住していた事について、もっと報道をしていれば、
後から入国をしたのちのロヒンギャ二世以降を含め、無国籍者にせずに済んだかも知れません。
元々居たロヒンギャに、更にロヒンギャが加わったところで、居住地はミャンマーであり、
無理に追い出そうとするのは間違っていると、断言しか出来ず、無知なミャンマーのせいで、ロヒンギャ問題が悪化していると言えるでしょう。
また、ロヒンギャ難民の6割を占める子供をまず、国際社会が保護すべきと、無能以外は言えるでしょう。
ロヒンギャ問題に当事者がおらず、代理戦争ばかりで無関係な民間人や子供が迫害をされていると、もっと報道をした方が良いですよ。
再度書きますが、過去の英国と日本の代理戦争が根底にあり、ミャンマーからロヒンギャが追い出されているため、
ロヒンギャ問題は当事者が見つからず、駄目です。
親がロヒンギャだろうが、イスラームだろうが、無関係な子供を迫害するのは間違っていると、ユニセフやミャンマー政府が言わないため、
ロヒンギャ問題が長期間、未解決の状態になりました。
それに対し、群馬はロヒンギャ難民を受け入れているため、救われた人がかなり多いわけです。
管理人の話が分からない人は、ミャンマー政府が過去の惨敗をトラウマに、ロヒンギャを迫害していると知らず、不法移民扱いをしている凡庸レベルですね。
ロヒンギャ問題の解決に向け、皆さんがやらなければいけない事は、
過大評価のノーベル平和賞の廃止および、代理戦争の余波、当事者が居ない問題の把握です。
ロヒンギャ本人でさえ、現状を受け入れると未来がありませんので、
まず皆さんは、ロヒンギャ問題に当事者がおらず、英国対日本の代理戦争、イスラーム対仏教徒の代理戦争、義勇軍対軍隊の代理戦争の余波により、
全く無関係な民間人や子供が迫害をされていると、理解をして下さい。」

2017年11月26日に管理人が書きました。
管理人「ロヒンギャが大腸菌で苦しむ理由は、ノーベル賞に意味が無いためであり、
アジア、アフリカ、南米の貧困層で分かる通り、ただの水と毛布に対し、ノーベル医学賞は何もしていません。
管理人がノーベル賞に投票をしていない以上、その程度の話を自慢しないで下さい。」

2018年8月28日ロイター。国連調査団がミャンマー軍幹部に対し、ロヒンギャ虐殺の責任を認めた。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 17:04 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索