2017年07月07日

深川市の診療所から、前院長がカルテを持ち出し所在不明なのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
まず、医薬品を全て廃棄して下さい。
速やかに医薬品を無くせない場合、飲み合わせや誤飲で大変な事になります。

2014年1月22日に管理人が書きました。
管理人「以前管理人が観た貧困者の財布に優しい気分転換の方法のニュースは、
原料が危険で成分が曖昧なクロコダイルの話ばかりでした。
原価が数百円と安く、負の部分で高価な物と同等になってしまうクロコダイルは大問題です。
しかも、ロシアや北欧が発祥と言ったり、ガソリンが入っていると言いましたね?
世界の娯楽産業は話にならないと思います。
ようやく出た安い気分転換の方法が、クロコダイルとは情けない話です。
これは世界に対する意識の低さから生まれた人災です。
原価が数百円のクロコダイルの危険性がヘロイン以上だという事について、もっと報道していれば、
1年で薬物中毒者を死亡させるクロコダイルの大流行を止められるくらい、薬物反対の市民運動を広げられたかも知れません。
薬物反対の市民運動をやれば、原価が数百円でヘロイン以上に危険なクロコダイルの危険性が万人に伝わり、
近年クロコダイルで犠牲になった多数の人達を何人も救えたでしょう。
また、クロコダイルを自宅で作れないように、孤独な人に一家団欒を勧めたり出来たでしょう。
ロシア以外の国・地域のクロコダイルについても、今の内にもっと報道した方が良いですよ。
再度書きますが、貧困者の財布に優しい話がクロコダイルになっているため、
ロシアや北欧のクロコダイルがメキシコ、アメリカ、カナダに広がっていて駄目です。
成分が曖昧なクロコダイルの危険性をきちんと報道しないなど、対策が遅れたため、
原価が数百円のクロコダイルが大流行の状態になりました。
それに対し、日本はクロコダイルの製造が苦手なため、救われた人がかなり多いわけです。
管理人の話が分からない人は、臆病でコメント欄にコメントすら出来ない2ちゃんねらーレベルですね。
クロコダイルの日本での大流行に備えて皆さんがやらなければいけない事は、
過大評価の医薬品の購入禁止および、薬やアルコールに頼らない快適な空間作りです。
アメリカでさえ、クロコダイルが本格的に上陸してしまうと被害が拡大しますので、
まず皆さんは、巷には費用0円で気分転換可能な方法の方がはるかに多い事を理解して下さい。」

2017年3月13日に管理人が書きました。
管理人「自然にクロコダイルを合成してはいけません。
モルヒネから作られるヘロイン、歯の治療に行き、ヘロイン中毒になる人、デソモルヒネがベースのクロコダイルで考えると、
アメリカの子供が嗜好品として、アルコール消毒液を飲むのは危険であり、
普段鎮痛剤を使用していて、アルコール消毒液を楽しむ子供が居ると、更にガソリンを誤飲した場合、
デソモルヒネの影響で鎮痛剤依存、ガソリンの誤飲でクロコダイル中毒者になります。」

2017年3月24日に管理人が書きました。
管理人「医薬品で回復をする人が居るなら、医薬品でおかしくなる人も居て、
鎮痛剤を常用している人に対し、タリウムを投与してはいけません。
普段、相手が何の薬を常用しているか分かれば、薬物の毒性を増大させるのは簡単です。」

2017年4月3日に管理人が書きました。
管理人「まず、相手がどの医薬品を服用しているか、事前に調べて下さい。
あとは、スイーツを贈って虫歯にさせ、歯医者通いにすれば良く、
医薬品や鎮痛剤の摂取量を増やせば成功です。
ガソリンは直接飲ませずに、蒸気で体内に入れても問題はありません。」

2017年7月7日北海道新聞。深川市の診療所から、前院長がカルテを持ち出し所在不明。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索