2019年11月09日

東大阪市で護送車両から、覚醒剤で起訴の被告が逃走をしたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
37歳97歳問題と同様、ただの凡人が中核市の東大阪市について、凶悪犯を逃走させるなど、機能をしていないと分かっておらず、
並み未満で未熟だと、同じ大阪の高槻市が同等と理解をしていません。

2019年10月26日に管理人が書きました。
管理人「政令市の浜松市と同様、中核市の姫路市でさえ、交通事故死対策をやれておらず、ただの凡庸のみしか居ません。
並み未満だと、37歳97歳の精神年齢17歳について、精神年齢が残り3歳で余裕が無いと考える頭と、精神年齢17歳で充実をしていて、人類の財産だと考える頭が無く、
59歳の実年齢40歳と実年齢60歳の間の精神年齢19歳にしても、高くて凄いと片側だけで判断し、危険な精神年齢19歳が放置をされていますが、
ただの雑魚だと、管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)で実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳な事に対し、推定年齢40〜60歳と書いたと思い込む程度な事から、
452年間、暗号の代用(あんごうのだいよう)が解明をされなかった悪影響が出て、近年も児童虐待・性的虐待により、グアテマラで少女が集団自殺をしています。」

2019年11月9日共同。東大阪市で護送車両から覚醒剤で起訴の被告が逃走。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 09:21 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索