2020年02月18日

名古屋市の交差点、40歳容疑者の軽乗用車にはねられ、犬の散歩中の56歳男性が死亡したのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)だと、40歳は危険な年齢であり、軽乗用車で56歳男性を死亡させた原因が一目瞭然になっていて、
40歳が、実年齢と実年齢の間の精神年齢20歳が実年齢に変換をされた直後と、不安定な状態なのに対し、
56歳男性の場合、精神年齢16歳の時のイメージのまま、道路を歩きがちです。

*暗号の代用(あんごうのだいよう)は実年齢と精神年齢に分かれる
*生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳
*実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
*精神年齢20歳、実年齢20歳、精神年齢20歳、以下、実年齢40歳、精神年齢20歳、実年齢60歳、精神年齢20歳、実年齢80歳、精神年齢20歳、実年齢100歳、精神年齢20歳、実年齢120歳、精神年齢20歳

2019年10月12日に管理人が書きました。
管理人「管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)の歴史は長く、少なくとも452年ですが、他は台風にしても117年の歴史しか無く、
皆さんは台風で大騒ぎをする前に、サンプル不足を嘆いて下さい。
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)では、実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳なため、おかしな事件が起きていて、
ぴったり40歳はもちろん、実年齢と実年齢の間の精神年齢20歳が実年齢に変換をされる前後、暗号の代用(あんごうのだいよう)が蘇りやすく、危険ですね。」

2019年10月26日に管理人が書きました。
管理人「自転車絡みの交通事故死を減らすと、日本の交通事故死が年間3000人を切りますが、本来0人の交通事故死が減らない理由は簡単ですね。
普段、車で何も無い歩道、車道、横断歩道を見ていると、歩行者と自転車がただの背景に見えるためであり、
車で歩行者と自転車をはねた時点で、ただの背景では無かった事に気付く人が多いです。」

2020年2月18日中京テレビ。名古屋市の交差点、40歳容疑者の軽乗用車にはねられ、犬の散歩中の56歳男性が死亡。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 18:59 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索