2020年02月18日

福岡地裁であおり運転の30歳男に、少年2人死傷で懲役10年の判決が出たのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
あおり運転をした時点で危険予測を始め学科が不充分なため、自動車を含め全ての運転免許を剥奪すべきであり、
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)で分かるように、30歳は残り10歳の精神年齢10歳で二極化をしやすく、
未熟な人と成熟をした人に分かれています。

2013年3月13日に管理人が書きました。
管理人【今年も14日現在のイタルダで既に、前年比+の833人が交通死亡事故の被害に遭いました。
飲酒運転の厳罰化で自動車の悪質な運転は減らせますね。
「無免許なうえ、危険予測を始めとする学科を無視した人物が遂に、
交通死亡事故や交通事故を起こしたケース」の判決は管理人から見ると、
飲酒運転より悪質で話になりません。
交通死亡事故の被害者数が前年比+の833人になるなど、全く対策が出来ていない以上、
意識改革を明示するためにも自動車の無免許運転の厳罰化をやって下さい。】

2020年2月4日に管理人が書きました。
管理人「管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)だと、70歳を始め残り10歳の精神年齢10歳こそ、重要な年齢であり、
視野が広い人と、右も左も分からない人で二極化をしますが、
30歳でも50歳でも90歳でも110歳でも、基礎は変わりません。」

2020年2月11日に管理人が書きました。
管理人「1-48に月の神と太陽の神の話が書いてあり、月が人間の寿命を指し、太陽が権力者・支配者を指す事から、
ノストラダムスが何を書き記したか、一目瞭然ですね。

人間の寿命は実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
更に70歳を始め、残り10歳の精神年齢10歳で人格が形成をされる
権力者も庶民と同様に、栄枯盛衰があると理解せよ
これで私の助言は終わる

【あんごうのだいよう】
*暗号の代用(あんごうのだいよう)は実年齢と精神年齢に分かれる
*生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳
*実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
*精神年齢20歳、実年齢20歳、精神年齢20歳、以下、実年齢40歳、精神年齢20歳、実年齢60歳、精神年齢20歳、実年齢80歳、精神年齢20歳、実年齢100歳、精神年齢20歳、実年齢120歳、精神年齢20歳」

2020年2月18日テレビ西日本。福岡地裁であおり運転の30歳男に、少年2人死傷で懲役10年の判決。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 21:16 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索