2020年02月20日

クルーズ船のCOVID-19で国内の80代男女が死亡したのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
感染症で1番厄介なのが流行る場所と流行らない場所、軽い人と重い人の繰り返しであり、
アメリカのインフルで昨季、6万千人が死亡した事で分かるように、毎回人口を判断基準に死者が少ないとされるため、マルス(大統領、首相)が役立たずですね。

2020年2月1日に管理人が書きました。
管理人【20歳でひと回りの起点のみを指し、プラスでもマイナスでも無いのが「暗号の代用(あんごうのだいよう)」、マイナスなのが「今日、負の代用(きょう、ふのだいよう)」なため、
当時、ノストラダムスが暗号の1999年7ヶ月で代用をした19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんについて、
452年後、管理人が生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳に分け、
実年齢を20歳でひと回り・精神年齢の上限を20歳にしたのが正しいですね。
一行目は、実年齢が20歳でひと回り・精神年齢の上限が20歳の事であり、患者の異常の有無では無く、ノストラダムスが人間の年齢を20歳刻みで見ている話、
二行目は、見た目は若くても年老いていても、状態異常でイライラすると、ノストラダムスがいきなり横暴な患者が来たと受け取るほど、見た目では実年齢と精神年齢が分からない話、
三行目は、状態異常が現れた「今日、負の代用(きょう、ふのだいよう)」を原状回復により、20歳でひと回りの起点のみを指す「暗号の代用(あんごうのだいよう)」に蘇らせる話、
四行目は、国王と両親が情報管理と協力を始め何もせず、幸せなふりでのほほんと生きている話です。

【10-72】
私の診療所に来た19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんに関しては、大人になるまでの3つの基準通り安定をしているものの、
上から目線で今日、負の代用(きょう、ふのだいよう)が現れた
私はプラマイゼロの暗号の代用(あんごうのだいよう)まで蘇らせようと最善を尽くしたが、
マルス(国王、両親)は何もせず、幸せなふりでのほほんと生きている

*暗号の代用(あんごうのだいよう)は実年齢と精神年齢に分かれる
*生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳
*実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
*精神年齢20歳、実年齢20歳、精神年齢20歳、以下、実年齢40歳、精神年齢20歳、実年齢60歳、精神年齢20歳、実年齢80歳、精神年齢20歳、実年齢100歳、精神年齢20歳、実年齢120歳、精神年齢20歳】

2020年2月18日に管理人が書きました。
管理人【当時のペストでさえ、ポーランドで流行らないなど被害が限定的だったため、マルス(国王を始めとする主導者)が死者が少なく幸せと話を終わらせていた事から、
ノストラダムスに、マルス(国王を始めとする主導者)は幸せのうちに統治すると皮肉を書かれています。
また、ノストラダムスが暗号の1999年7ヶ月で代用をした19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんが暗号の代用(あんごうのだいよう)そのものであり、
元が1つの暗号の代用(あんごうのだいよう)が、状態異常でマイナスの「今日、負の代用(きょう、ふのだいよう)」、原状回復でプラマイゼロの「暗号の代用(あんごうのだいよう)」に分かれていますが、
ノストラダムスが横暴な患者について、ここでも皮肉を書き、偉大な恐怖の大王とし、上から目線で今日、負の代用(きょう、ふのだいよう)が現れたとした事と、
アメリカのインフルエンザで昨季、6万千人が死亡をしていながら、マルス(大統領)が人口を判断基準に、死者が少なく幸せとする事で分かるように、
感染症は流行る場所と流行らない場所、軽い人と重い人の繰り返しでしかありません。】

2020年2月20日共同。クルーズ船のCOVID-19で国内の80代男女が死亡。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 12:31 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索