2020年03月27日

アメリカが57歳ベネズエラ大統領を、麻薬密売関与で起訴したのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
COVID-19で死者が2桁以上出た国・地域には共通点があり、覚醒剤、ヘロイン、コカイン、大麻を始め薬物中毒者が多く、
スペイン4145人死亡、アメリカ1080人死亡、オランダ434人死亡と並べると、誰でも異常さが分かります。

2009年8月11日に管理人が書きました。
管理人「薬物について書きます。今回は量の問題についてです。
オランダは大麻やマリファナの限定的な使用が認められています。
合法というのは知恵袋や2chの大法螺です。
これはたばこや酒よりも中毒性や依存性が低いからであり、
1度やると抜けられない最悪の薬物であるヘロイン、
シンガポール、中国、タイ、フィリピン、
マレーシア等で死刑となる覚醒剤等のハードドラッグを、
国内に入れないように量の問題で許可しています。
オランダには欧州最大の港のロッテルダムがあるので当然の政策です。
その結果、人格を壊してしまうような薬物の使用者が減り、
大麻やマリファナを使用する人も増えたりしていないので成功です。
スイス、ベルギー、ドイツ、スペイン、英国、カナダ、フランス、
カンボジア、アメリカのいくつかの地域や州等でも量の問題です。
ただし、限定的に許可している国と違法な国が存在するという事は、
大麻が違法な国出身の貴方が量の問題で許可されている国で使用した場合、
使用していた事が判明すると自国で処罰されるので注意して下さい。
量の問題になる理由は起訴が面倒臭いという事です。
なお、貰い大麻をお金の無い人が貰いたばこと同じ感覚で行うと、
お金が無くなった際に犯罪に走る可能性があるので、
大量の大麻は売買や譲渡目的と判断されどこでも処罰されます。
たばこが日本で合法な理由は覚醒剤等に比べると安いため、
金銭面での犯罪の併発は無いと判断されているからです。」

2018年9月26日に管理人が書きました。
管理人「薬物の報道では、関係者の話で芋づる式の逮捕があるとされながら、何も無く、
何億円分もの覚醒剤、ヘロイン、コカインを港や税関で押収した後さえ、何も無いため、
考えられるのは、密輸船ごと売買する組織を、警察が黙認をしているか、警察そのものが薬物を流しているかですね。
覚醒剤用の船、ヘロイン用の船、コカイン用の船という具合に、船ごと売買をすれば、既に分割をした状態であり、入手ルートが見つかりません。
当然、薬物を船ごと売買していると気付かれないように、トラックに分ける際は小袋も用意します。」

2018年10月3日に管理人が書きました。
管理人「日本でも、警察そのものが薬物を横流しした話は現実にあり、密輸船ごと売買し、入手ルートが分からなくなる話にしても、
更に覚醒剤とヘロインとコカインの船、覚醒剤とヘロインの船、覚醒剤とコカインの船、ヘロインとコカインの船に加え、それぞれの船に大麻も混ぜる事が考えられ、
ただの無識者が薬物を根絶出来ていません。
押収をした薬物で中毒になる捜査官も居るなど、凡庸は哀れですね。」

2019年10月27日に管理人が書きました。
管理人「通常、実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳なため、452年後、二極化をしやすくなっていて、
37歳97歳と同様、57歳も思考が偏りがちと、軌道修正が困難な事が多々ある理由は簡単ですね。
37歳が実年齢20歳と実年齢40歳の間の精神年齢17歳、97歳が実年齢80歳と実年齢100歳の間の精神年齢17歳、57歳が実年齢40歳と実年齢60歳の間の精神年齢17歳な事から、
残り3歳の精神年齢17歳が重荷、または、確立済みの人格と人生経験が逆に足枷になるなど、精神年齢の過ごし方を間違うと、頭に血が上り続けたり、有権者に香典・メロン・カニを配り辞任をするはめになったり、
同居の3歳女児に皿を投げつけ流血をさせたり、呼吸困難で窒息をしたり、別人をガラケー女と拡散したりします。
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)では、37歳97歳の二極化が顕著だと覚えて下さい。」

2020年1月3日に管理人が書きました。
管理人「当時、ノストラダムスが診療所に来た19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんを見て、暗号の1999年7ヶ月で代用をしたものの、
400年以上誰も何もしなかった事により、テルフォード事件とロザラム事件が起き、故ジミー・サヴィルと故エプスタインを始め、
黒幕のマルス(国際的で組織的な人身売買・性風俗斡旋の主導者)が東南アジア、特に中国とミャンマーで野放しにされるなど、
暫定発表の被害者数千人に対し、逮捕者が数人、またはゼロ人の事件が多く、マルス(主導者)が幸せなふりでのほほんと生きていた事から、
452年後、管理人に暗号の代用(あんごうのだいよう)と呼ばれていて、
管理人が生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳に分け、実年齢を20歳でひと回り、精神年齢の上限を20歳にしたところ、
残り3歳の精神年齢17歳の二極化が顕著だと分かり、管理人から37歳97歳問題が深刻だと言われました。
最初の精神年齢20歳が実年齢20歳に変換をされる前の17歳を始め、37歳、57歳、77歳、97歳、117歳は全て精神年齢17歳であり、
精神年齢17歳の前後、暗号の代用(あんごうのだいよう)が蘇りやすく、注意が必要です。
本来、マルスは何でもやれる万能な神ながら、452年も3月・戦争・火星程度の狭い範囲でしか読まれず、転じて、学校関係者・両親・文科省にもなった以上、
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)を、3分の1しか分からない5流が完全に間違っていると言えますが、
口だけの議員は、管理人の中心地ブラジル、中心地ペルー、中心地ボリビア、中心地メキシコと、
同じ言い方で文章が付かないブラジルの中心地、ペルーの中心地、ボリビアの中心地、メキシコの中心地さえ、分かるわけが無く、
管理人の役に立っていません。

*暗号の代用(あんごうのだいよう)は実年齢と精神年齢に分かれる
*生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳
*実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
*精神年齢20歳、実年齢20歳、精神年齢20歳、以下、実年齢40歳、精神年齢20歳、実年齢60歳、精神年齢20歳、実年齢80歳、精神年齢20歳、実年齢100歳、精神年齢20歳、実年齢120歳、精神年齢20歳

37歳97歳問題で最悪なのが、19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんとだけ考える人と、実年齢が20歳でひと回り・精神年齢の上限が20歳とだけ考える人と、
精神年齢17歳(残り3歳)について、17歳、37歳、57歳、77歳、97歳、117歳とだけ考える人であり、管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)を3分の1しか分かっておらず、
全てを合わせて考えると、9歳が21歳なら、19歳は31歳ですね。
起点を間違う事により、21歳で暗号の代用(あんごうのだいよう)が蘇る人が居るわけですが、
精神年齢17歳(残り3歳)が二極化で危険な理由は、精神年齢17歳まで積み重ねた既に確立済みの人格と思考があるうえ、
残り3歳の精神年齢で行き詰まり、余裕が無くなりがちなためです。
当然、精神年齢17歳(残り3歳)が二極化をしやすい理由により、精神年齢18歳(残り2歳)、精神年齢19歳(残り1歳)も危なく、
客観的に見て、実年齢と実年齢の間の精神年齢20歳が実年齢に変換をされた直後に関しても、不安定なため気を付けて下さい。
また、精神年齢17歳(残り3歳)が危険という事は、17歳で暗号の代用(あんごうのだいよう)を蘇らせ、失敗をした場合、
軌道修正をしないのはまずく、17年後の34歳でも負の暗号の代用(あんごうのだいよう)が蘇り、更に17年後の51歳で変態になる恐れがあります。」

2020年3月27日共同。アメリカがベネズエラ大統領を麻薬密売関与で起訴。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 01:48 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索