2020年05月22日

大阪のCOVID-19で60〜80代男性2人が死亡したのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
COVID-19で人口8040万人の江蘇省0人死亡に対し、大阪で78人が死亡をしたのは大問題であり、5流の大阪は基礎疾患を甘く見ているため、
ポルトガルのように、香辛料を求めて旅に出るべきです。

2020年3月8日に管理人が書きました。
管理人「COVID-19の発生源の中国の死者が多い事に言及をするより、外から入った国・地域の今後について考えると良く、
SARSで死者がゼロの国・地域が何もしないままだと、次も死者が爆発的に増える結末にしかならず、
COVID-19の死者がイタリア233人、イラン194人、韓国50人、アメリカ19人、スペイン17人、フランス16人になった理由は、無識者の対策不足にしかなりません。」

2020年3月20日に管理人が書きました。
管理人「アメリカでCOVID-19が蔓延をする理由は、結核と糖尿病の合併症があるためであり、散発的なペストののちの正体不明の肺炎を見ていながら、
昨年7月に人から人への感染症の対策を始めなかったのがまずく、ペストマスクの真実を知らないなど、COVID-19でも能力不足で217人が死亡をしていて、
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)だと、73歳母親と55歳長女は精神年齢が13歳と15歳な事から、中学生レベルで危険ですね。
ペストマスクに香辛料を詰めた話で考え、結核患者の周りが糖尿病患者だらけとすれば、アメリカでCOVID-19が多いのは対策不足にしかなりません。
当然、イランも糖尿病が多く、COVID-19で1284人が死亡しています。」

2020年5月21日に管理人が書きました。
管理人「COVID-19の統計では、北海道78人死亡、青森1人死亡、宮城1人死亡、茨城9人死亡、千葉44人死亡、東京256人死亡、神奈川71人死亡、埼玉46人死亡、群馬19人死亡、
石川22人死亡、富山21人死亡、福井8人死亡、愛知34人死亡、静岡1人死亡、岐阜7人死亡、滋賀1人死亡、京都14人死亡、大阪76人死亡、奈良2人死亡、三重1人死亡、和歌山3人死亡、兵庫38人死亡、広島2人死亡、愛媛4人死亡、高知3人死亡、徳島1人死亡、福岡25人死亡、大分1人死亡、熊本3人死亡、長崎1人死亡、沖縄6人死亡で計799人死亡になりました。
他にクルーズ船13人死亡があります。
訪日外国人がアジア8割なうえ、人口が1億人以上の広東省8人死亡、山東省7人死亡な事で考えると、陸続きでは無い日本のCOVID-19で799人が死亡をしたのはアジアの恥であり、
日本より外国人観光客が多いタイだと、被害を56人死亡に抑えました。」

2020年5月22日産経新聞。大阪の新型コロナウイルスで60〜80代男性2人が死亡。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 21:26 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索