2020年05月29日

人口1億ビハール州15人死亡、日本883人死亡でアジアの恥

COVID-19の統計では、北海道86人死亡、青森1人死亡、宮城1人死亡、茨城10人死亡、千葉45人死亡、東京299人死亡、神奈川82人死亡、埼玉48人死亡、群馬19人死亡、
石川24人死亡、富山22人死亡、福井8人死亡、愛知34人死亡、静岡1人死亡、岐阜7人死亡、滋賀1人死亡、京都17人死亡、大阪82人死亡、奈良2人死亡、三重1人死亡、和歌山3人死亡、兵庫41人死亡、広島3人死亡、愛媛4人死亡、高知3人死亡、徳島1人死亡、福岡26人死亡、大分1人死亡、熊本3人死亡、長崎1人死亡、沖縄6人死亡で計883人死亡になりました。
他にクルーズ船13人死亡があります。
訪日外国人がアジア8割、春節前に武漢市が封鎖をされ、20年2月の日本の中国人観光客が前年比9分の1な中、
人口が1億人以上の広東省8人死亡・山東省7人死亡になった事で考えると、陸続きでは無い日本のCOVID-19で883人が死亡をしたのは、無識者の対策不足でしか無く、
日本より年間外国人観光客が多いタイだと、被害を57人死亡に抑えたものの、
日本はアジアの恥であり、マレーシア115人死亡、アルメニア113人死亡、タイ57人死亡、アゼルバイジャン56人死亡、タジキスタン47人死亡、イエメン53人死亡、オマーン40人死亡、カザフスタン37人死亡、カタール33人死亡、レバノン26人死亡、
キルギス16人死亡、バーレーン15人死亡、ウズベキスタン14人死亡、ジョージア12人死亡、スリランカ10人死亡、ヨルダン9人死亡、ミャンマー6人死亡、
モルディブ5人死亡、ネパール5人死亡、シリア4人死亡、ブルネイ2人死亡、アブハジア1人死亡、ラオス0人死亡、ベトナム0人死亡、モンゴル0人死亡、マカオ0人死亡、
南オセチア0人死亡、アルツァフ0人死亡と比べ、何の対策もしておらず、
被害を抑えた香港4人死亡、台湾7人死亡、シンガポール23人死亡に対し、5流大学のみしか無いのが日本ですね。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 02:41 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索