2020年05月29日

【科学論文、大半がでたらめ】ロシアの22ヶ国のCOVID-19、ダゲスタンの死者が突出

科学論文の大半がでたらめなのは当然の結果です

歴史上、ロシアとペルシアで何度も奪い合ったのがダゲスタンであり、1828年の条約でロシアとペルシアの間にアゼルバイジャンが挟まれた事により、
ダゲスタンがペルシアから狙われなくなりました。
並み未満だと、シェイフ・シャミールについて3つの間違いをしていて、イマーム・シャミールがシェイフと覚える頭が無く、
それどころか、条約が結ばれたタブリーズの近くに引っかかり、トルコの部族長、アゼルバイジャンの英雄などと、でたらめを後世に伝える程度にしかならず、
管理人の3年次、5万人が来る創大祭の日程が、100人来るかも怪しい東大の交流パと重なった事により、他の部員が中央体育館から動かなかった事さえ、知らない知的障害者の集まりの創価学会と同レベルですね。
管理人は11大学・4社会人団体の委員長で566人なため、夕方から行きましたが、身体障害者の貧乳など、執行時に魅力ゼロで新入部員が居なかった程度と、
管理人の前の委員長の田中さんに委員長を取られた中須賀と同様、知的障害者は何もやっていません。
中須賀は前年と被る14曲しかコールをしなかったうえ、部員をまるで勧誘しなかった近眼の製造ミスです。

いくらでも居るレベルの野間程度の94連敗大学の凡庸「Seyh Samil シェイフ・シャミール この踊りはトルコの踊りであり、シェイフとは、トルコの部族長のようなものである」

人並みレベルの200に対し、41の凡庸「アジア・ヨーロッパ・北米・北中米の19カ国・地域41大学と交流があります。
(2020年3月1日現在)」

人並みレベルの200に対し、身体障害者の貧乳で80の5流大学「2019年4月現在学術連携協定を締結している海外の大学数は80大学です」

管理人が2007〜2008年に書いた事で分かる通り、シェイフ・シャミールは、チェチェンとダゲスタンの踊りを指していて、
日本で踊られているアゼルバイジャンとトルコの踊りは、郷土舞踊のレズギンカです。
すぐ下のtraditional cecen danceの物は、音楽がシェイフ・シャミール、踊りもシェイフ・シャミールですね。
ロシアの85区分に国が22個あるため、冬季北京五輪ではロシアの22枠を前面に出すべきであり、
ロシアの22枠があると、フィギュアスケートを始め誰も困りません。
並み未満だと、ロシアの22ヶ国と旧ソ連の14ヶ国が全て別の国と分かっておらず、知的障害者以外誰でも、ロシアの22ヶ国の首都を答えられますが、
ロシアの22ヶ国のCOVID-19でサハ、ブリヤート、アルタイ、トゥバ、ハカス、カレリアとは違い、ダゲスタンの死者が突出をした理由が分からないようだと、
トルコの部族長大学と同類の雑魚にしかならないです。

COVID-19の統計では、ダゲスタン151人死亡、タタールスタン10人死亡、北オセチア37人死亡、バシコルトスタン18人死亡、イングーシ50人死亡、カバルディノ・バルカル14人死亡、モルドヴィア12人死亡、チュヴァシ12人死亡、マリ・エル10人死亡、コミ22人死亡、
チェチェン13人死亡、ブリヤート8人死亡、カラチャイ・チェルケス5人死亡、サハ7人死亡、カルムイク12人死亡、ハカス10人死亡、ウドムルト12人死亡、
アディゲ9人死亡、クリミア3人死亡、カレリア1人死亡、トゥバ2人死亡、アルタイ0人死亡。

【管理人は動画から、シェイフ・シャミールの真相を割り出した】
*リンク先の5〜7の動画を観ると、部分的に流れていたシェイフ・シャミールの音楽が、他のシェイフ・シャミールの音楽と繋がり、
レズギンカ=シェイフ・シャミールが解決します。
http://folkdanceselection.seesaa.net/article/52198630.html

*何故、シェイフ・シャミールの音楽が部分的に繰り返し流れているのか、疑問に思う人が続出しますね。
フィギュアに関しては、レズギンカよりもシェイフ・シャミール寄りです。
https://m.youtube.com/watch?v=wIaapwS9hto

*舞踊団のナルメスがseyh samilとしている動画では、フィギュアがlezginkaです。
かなり古い動画ですね。
https://m.youtube.com/watch?v=7Dx8g0Nk8Qg

*再生回数523回の動画はダゲスタンの子供の踊りです。
後半を観ると、レズギンカと銘打ちながら、音楽がシェイフ・シャミールです。
https://m.youtube.com/watch?v=Vom8nOMFO6U

2007年8月21日に管理人が書きました。
チェチェン共和国民族舞踊研究会より

Traditional Cecen Dance
http://www.youtube.com/watch?v=xqbdEckCehE 1:55



2008年4月24日に管理人が書きました。
管理人「今回はチェチェン共和国です。
国内外の揉め事によるテロが多発していて危険な地域ですが、
そのような国でも大事にするのがlezginkaです。
民族舞踊が世界で1番嗜む人間が多い分野と言われているのは、
lezginkaのような民族舞踊があるからです。
アルカーイダの人達も恐らく踊れます。」

2018年6月12日に管理人が書きました。
管理人「それでは、lezginkaとseyh samilについて、最新の話で確認をしましょう。
踊りとフォークロアを日本の凡人が間違えた話は、既に終わりました。

*一般的にロシアでレズギンカと呼ぶと、チャーチャー・チャチャチャ・チャチャチャチャチャチャの音楽です。
2018年6月4日に公開をされました。
https://m.youtube.com/watch?v=sxD6v9mb1dM

*舞踊団のナルメスがseyh samilとしている動画では、フィギュアがlezginkaです。
かなり古い動画ですね。
https://m.youtube.com/watch?v=7Dx8g0Nk8Qg

*再生回数449回の動画はダゲスタンの子供の踊りです。
後半を観ると、レズギンカと銘打ちながら、音楽がシェイフ・シャミールです。
https://m.youtube.com/watch?v=Vom8nOMFO6U

*何故、シェイフ・シャミールの音楽が部分的に繰り返し流れているのか、疑問に思う人が続出しますね。
フィギュアに関しては、レズギンカよりもシェイフ・シャミール寄りです。
https://m.youtube.com/watch?v=wIaapwS9hto

*リンク先の5〜7の動画を観ると、部分的に流れていたシェイフ・シャミールの音楽が、他のシェイフ・シャミールの音楽と繋がり、
レズギンカ=シェイフ・シャミールが解決します。
http://folkdanceselection.seesaa.net/article/52198630.html

2018年6月16日に管理人が書きました。
管理人「地球の全ての国・地域には地元の踊りが存在し、カナダ人やアメリカ人や中国人は日本人と同様、民族舞踊研究会を作り、他国の踊りも踊っていて、
民族舞踊研究会・フォークダンス部を作り、他国の踊りを踊る話は、伝承・伝播の範疇の話では無いです。
民族舞踊研究会・フォークダンス部は、民族舞踊部・フォークダンスクラブでも同じ話ですね。
さて、アゼルバイジャンの民族舞踊にシェイフ・シャミールがありますが、レズギの郷土舞踊の中に、ダゲスタン共和国出身でチェチェン共和国を含めた指導者、シャミールの踊りがあり、
日本にはダゲスタン共和国、チェチェン共和国を知らず、シェイフ・シャミールを、アゼルバイジャンやトルコの話にする無知しかいません。
シェイフ・シャミールとして知られている音楽に対し、レズギンカのフィギュア、レズギンカと銘打ち、シェイフ・シャミールのフィギュアになる事が珍しくは無く、
下記動画では、アゼルバイジャンのレズギンカとなっていて、音楽は日本でシェイフ・シャミールと呼ばれています。

"Azeri Lezginka" - Traditional Azerbaijani Dance
視聴回数864回
https://youtu.be/o-SlpDruI90

シェイフ・シャミールの名声は、トランス・カフカスまで広く知られていましたが、
元々あったレズギの郷土舞踊のレズギンカ、思想弾圧により表に出せなくなったシェイフ・シャミールの踊りが合わさり、
今でも、レズギンカと銘打ちシェイフ・シャミール、シェイフ・シャミールと銘打ちレズギンカを踊るようになりました。」

2019年7月9日に管理人が書きました。
管理人「人並みの人がイマーム・シャミールと呼んでいるのが、シェイフ・シャミールであり、
ダゲスタン出身でチェチェンを含む指導者のシェイフなため、シェイフ・シャミールになりました。

イマーム・シャミール

まず、アゼルバイジャンの子供がシェイフ・シャミールの音楽で踊っているのはレズギンカです。
シェイフ・シャミールはダゲスタンとチェチェンの踊りでしかありません。



当時のロシアは常時、ペルシアやトルコと戦争をしていて、犠牲になったのが南北アゼルバイジャンであり、
ロシアがペルシアに勝ち、1828年のトルコマンチャーイ条約により、北を現在のアゼルバイジャン、南を現在のイランの東アーザルバーイジャーン州、西アーザルバーイジャーン州にしたため、おかしな話になりました。
ロシアはトルコとオスマン帝国時代を含め、過去12回戦い、ロシアの2分で8勝、トルコの2勝も話半分程度と、更におかしな話になっていて、
ロシアがペルシアを圧倒した事により、昔から何度も、ロシアとペルシアで奪い合いをしていたダゲスタンがペルシアから狙われなくなり、
東アーザルバーイジャーン州に近いトルコマンチャーイにて、ロシアがペルシアに対し、圧倒的に有利な不平等条約を結べた事から、
シェイフ・シャミールはアゼルバイジャンの英雄では無く、アゼルバイジャンの住人がlezginkaの音楽をかけて踊っていた際、
ダゲスタンとチェチェンの音源が混ざり、こんにちまでlezginkaと銘打ちseyh samil、seyh samilと銘打ちlezginkaが踊られたと判断出来、
世界最強のロシアに42年間屈しなかった点のみで、カフカス戦争の主力のシェイフ・シャミールはダゲスタンとチェチェンの人に尊敬をされ、トランス・カフカスまで名声が届きました。
トルコがロシアに圧倒をされて中立、現在のイランのペルシアが歴史上何度も、ロシアとダゲスタンを奪い合い負けた事で考えると、
seyh samilはダゲスタンとチェチェンの踊りにしかならず、アゼルバイジャンやトルコのseyh samilはlezginkaですが、
大本の踊りがlezginka、その中の一部がseyh samilな事に変わりは無いです。」
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 06:27 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索