2020年05月30日

愛知・一宮市、32歳夫と33歳妻が親戚の家に行くかで揉め、夫が妻の腕を折った疑いで逮捕されたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
32歳夫と33歳妻は危険な組み合わせであり、精神年齢が12歳と13歳で小中学生と大差がありません。

*暗号の代用(あんごうのだいよう)は実年齢と精神年齢に分かれる
*生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳
*実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
*精神年齢20歳、実年齢20歳、精神年齢20歳、以下、実年齢40歳、精神年齢20歳、実年齢60歳、精神年齢20歳、実年齢80歳、精神年齢20歳、実年齢100歳、精神年齢20歳、実年齢120歳、精神年齢20歳

2019年11月6日に管理人が書きました。
管理人【さて、最近1週間の様々な事件を見て、管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)に驚いている人が多いですが、
実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳な事から、管理人が夜通し書いた1万6427本の記事の幅が広がりました。
先日の33歳父親と12歳娘と同様、管理人が33歳男について、実年齢20歳と実年齢40歳の間の精神年齢13歳と書き、小学校高学年男児と大差が無いとする事で分かる通り、
いくらでも居るレベルの並み未満の凡庸が見ると、管理人が犯人像は20〜40歳と書いた少々曖昧な表現に見えるものの、全ては37歳97歳問題に繋がる話になっていて、
重要なのは実年齢と実年齢の間の精神年齢20歳ですね。
管理人が「2019年11月6日に管理人が書きました」と、管理人の記事を長々といくつも繋げている事に対し、眉をひそめる人も居るでしょうが、
最近の37歳97歳問題を始め、精神年齢17歳の危険性と顕著な二極化を言い当てるなど、実年齢と精神年齢の個人差がどこの国・地域でも該当をする事から、
管理人の暗号の代用(あんごうのだいよう)は万人に分かる話です。】

2020年5月30日東海テレビ。愛知・一宮市、32歳夫と33歳妻が親戚の家に行くかで揉め、夫が妻の腕を折った疑いで逮捕。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 14:43 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索