2020年05月30日

香川・丸亀市の自宅、26歳父親が4歳息子を蹴るなどした疑いで逮捕されたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
26歳父親と4歳息子は危険な組み合わせであり、管理人から警告が出ていて、
26歳父親だと、実年齢20歳、精神年齢6歳(残り14歳)、実年齢40歳と並ぶ事から、精神年齢6歳で4歳息子と大差がありません。
そのため、日本で28年連続児童虐待が増加をしました。

*暗号の代用(あんごうのだいよう)は実年齢と精神年齢に分かれる
*生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳と、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳
*実年齢が20歳でひと回り、精神年齢の上限が20歳
*精神年齢20歳、実年齢20歳、精神年齢20歳、以下、実年齢40歳、精神年齢20歳、実年齢60歳、精神年齢20歳、実年齢80歳、精神年齢20歳、実年齢100歳、精神年齢20歳、実年齢120歳、精神年齢20歳

2020年4月18日に管理人が書きました。
管理人「当時、ノストラダムスが暗号の1999年7ヶ月で代用をしたのが19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんであり、管理人に暗号の代用(あんごうのだいよう)と呼ばれていて、
452年後、管理人が生後7ヶ月、9歳、19歳を経た実年齢20歳、精神年齢7ヶ月、9歳、19歳を経た精神年齢20歳に分け、実年齢を20歳でひと回り、精神年齢の上限を20歳にしたところ、10歳以上18歳未満が危険だと分かったものの、
並み未満の首脳がCOVID-19で自粛、隔離、自宅待機の対策を間違え、世界各地で児童虐待・性的虐待・DVが増加をしました。
目印の年齢の19歳、9歳少年・9歳少女、生後7ヶ月の赤ちゃんを含め、20歳以下はCOVID-19になっても死ににくく感染はする事から、
結論として、20歳以下の健康な状態を指す暗号の代用(あんごうのだいよう)を基準に、経年劣化と持病の今日、負の代用(きょう、ふのだいよう)が危なく、
死ににくい20歳以下で警戒が必要なのが18歳、10歳以上18歳未満、0歳以上9歳未満です。」

2020年5月30日瀬戸内海放送。香川・丸亀市の自宅、26歳父親が4歳息子を蹴るなどした疑いで逮捕。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 15:05 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索