2020年05月31日

ロシアの22ヶ国のCOVID-19で、ダゲスタンの死者が突出をしたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
歴史上、ロシアとペルシアで何度も奪い合ったのがダゲスタンであり、COVID-19でも悪影響が出て、イランと同様に風土病に対抗出来無くなりましたが、
1828年の条約でロシアとペルシアの間にアゼルバイジャンが挟まれ、ダゲスタンがペルシアから狙われなくなった事で分かる通り、
シェイフ・シャミールはアゼルバイジャンの英雄では無く、トルコの部族長でもありません。

2020年5月27日に管理人が書きました。
管理人「ロシアの85区分に国が22個あるため、冬季北京五輪ではロシアの22枠を前面に出すべきであり、
ロシアの22枠があると、フィギュアスケートを始め誰も困りません。
並み未満だと、ロシアの22ヶ国と旧ソ連の14ヶ国が全て別の国と分かっておらず、知的障害者以外誰でも、ロシアの22ヶ国の首都を答えられますが、
ロシアの22ヶ国のCOVID-19でサハ、ブリヤート、アルタイ、トゥバ、ハカス、カレリアとは違い、ダゲスタンの死者が突出をした理由が分からないようだと、
トルコの部族長大学と同類の雑魚にしかならないです。

COVID-19の統計では、ダゲスタン118人死亡、タタールスタン9人死亡、北オセチア32人死亡、バシコルトスタン18人死亡、イングーシ42人死亡、カバルディノ・バルカル8人死亡、モルドヴィア12人死亡、チュヴァシ11人死亡、マリ・エル10人死亡、コミ20人死亡、
チェチェン13人死亡、ブリヤート7人死亡、カラチャイ・チェルケス4人死亡、サハ7人死亡、カルムイク12人死亡、ハカス10人死亡、ウドムルト12人死亡、
アディゲ9人死亡、クリミア3人死亡、カレリア1人死亡、トゥバ1人死亡、アルタイ0人死亡。」

2020年5月31日COVID-19。COVID-19の統計では、ダゲスタン235人死亡、タタールスタン10人死亡、北オセチア46人死亡、バシコルトスタン18人死亡、イングーシ50人死亡、カバルディノ・バルカル17人死亡、モルドヴィア12人死亡、チュヴァシ14人死亡、マリ・エル13人死亡、コミ24人死亡、
チェチェン13人死亡、ブリヤート10人死亡、カラチャイ・チェルケス5人死亡、サハ8人死亡、カルムイク15人死亡、ハカス10人死亡、ウドムルト12人死亡、
アディゲ9人死亡、クリミア3人死亡、カレリア1人死亡、トゥバ2人死亡、アルタイ0人死亡。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 23:58 | Comment(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索