2017年07月18日

環境省が海外で死亡例が無いヒアリで100人死亡と、大騒ぎをしていたのは当然の結果です

予測可能な事です。管理人には分かります。
死亡例が無いタランチュラを恐れ、マダニ対策をしていないのが日本であり、
死ななくて良い老人が多数、マダニで死亡するうえ、親切な業者からマダニ対策の布団を貰えず、振り込め詐欺でお金だけ取られる状態になりました。

2008年1月9日に管理人が書きました。
管理人「さてイタリアのタランテラ特集です。
タランテラというのはナポリの舞曲・舞踊で、
イタリアといえばタランテラと言えるほど有名です。
この舞踊はタラントという町に由来するという説と、
タランチュラという毒蜘蛛に刺され、
その毒を抜くために踊り続けたら毒が抜けたという、
都市伝説のようなものが伝わった説と、
毒のために死ぬまで踊り続けたという説がありますが、
世界的に見てタランチュラの毒での死亡例はありません。
ゴライアスバードイーターという種であれば死亡例はあります。
ただし、ギネスブックにも載っている世界最大のこの蜘蛛は、
ベネズエラ、ガイアナ、ブラジルに生息しているので、
あまり関係がないですね。
伝説の中でのみ存在する恐ろしい種のタランチュラは、
怪談の牛の首、2chの鮫島事件と似たような話です。
フィギュア的にはパデバ、ホップステップ、
ステップスイング等の軽やかなものが多く、
カップル、サークル、5人組、8人組等で楽しみます。
また、女性が履いている長いスカートを、
波のように振る事も当然あります。」

2017年6月24日に管理人が書きました。
管理人「死亡例が無いタランチュラを恐れ、マダニ対策をしていないのが日本であり、
知的障害者が無価値なため、死ななくて良い人が死亡しました。」

2017年7月18日NNN。環境省が死亡例が無いヒアリについて、海外で年間100人死亡と誤報。
posted by 中本 博美(nakamoto hiromi) at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」
最近のトラックバック
地域別出会い検索